第4回アンケート「バレルゾーンを狙うバッティングをドラゴンズもすべきか?

アンケート結果

4 日前
第4回アンケート『バレルゾーンを狙うバッティングはドラゴンズもすべきか?』(締め切り・3月5日いっぱい)
オープン戦の2連戦で、ホークスの全選手のバッティングが、いわゆるバレルゾーン(26~30度の角度)を意識した、とにかく強く速い打球を打つことに終始していたことにはお気づきになったかと思います。
想像はしていましたが、いざ対峙すると圧倒的な差を感じたのが私のリアルな気持ち・・・(汗
ちょっと打線が残念な状態なドラゴンズですが、逆に言えばこれからどんなカラーにでも染められる純白なチームなのかも(清純派打線)
みなさんのお好みで良いので、下記の「どれを1番重要に考える」チームになって欲しいですか?
個人的にあまりのショックで・・・一度数字として把握しておきたいのでよろしくお願いいたします(*´ω`*)
991 票

全打順でバレルを意識した強い打球と強いスイングを評価するチーム(ホークス、ジャイアンツ)
45%
走力と小技の利く選手を1、2番において、そこから展開するチーム(アライバ、タナキクマル)
24%
日本人らしいスモールベースボール化。バント、進塁打、犠牲フライ、盗塁で1点を狙うことを評価するチーム(2011中日)
9%
安打数や打率ではなく、出塁率を高く評価するチーム(2020ロッテ)
22%

アンケート結果の解説動画はこちら

 

各チームの選手の体格はこちら

※データは間違っている可能性があるので、参考程度にお願いします(*´ω`*)

 

 

 

コメント

コメントD