横浜ベイスターズ先発ローテ

ベイスターズ戦を見るならコスパ最高はDAZN!になりました

昨年まで無かった「ヤクルトスワローズの主催試合」が、2020シーズンからはDAZNで配信が開始します。

これにより、広島カープ主催試合以外はDAZNで視聴できるようになりました!

ベイスターズファンにとっては朗報ですね。

 

スカパー!プロ野球セット であれば広島カープ主催試合も放送予定なんですが、ちょっと月額が高いですよね。。しかしDAZNはそれの半額以下の月額。これは魅力です。

この比較はこちらの記事でおこなっています。参考にしてくださいね。

 

2019年はケガ人が出ながらも2位と健闘したベイスターズ。

狭くて本塁打が出やすい横浜スタジアムをホームにしていながらも、能力の高い投手が揃っています。

「もしも」「・・・だったら」を考えても仕方がありませんが、各先発投手のここ数年でのキャリアハイが並んだ場合はこんな先発ローテになります。

  1. 今永  13勝7敗 2.91(2019)
  2. 濱口  10勝6敗 3.57(2017)
  3. 井納  11勝9敗 4.01(2014)
  4. 東   11勝5敗 2.45(2018)
  5. 上茶谷 7勝6敗 3.96(2019)
  6. 石田  9勝6敗 3.12(2016)

 

うーん、これは優勝してしまうw

各選手がまだ若く、こんなように全員が揃えばそれだけで強力な先発陣です。

 

このあたり、2020シーズンではどうなるのかを検討しました。

 

2019横浜DeNAベイスターズ先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合/先発投手の投球回合計
今永 昇太252.91137017023.70%
上茶谷 大河253.9676013418.68%
濵口 遥大173.1765082.33311.48%
井納 翔一154.76450709.76%
平良 拳太郎154.11560709.76%
大貫 晋一15565066.6669.29%
東 克樹73.7642038.3335.34%
京山 将弥95.806035.6664.97%
櫻井 周斗144.8600016.6662.32%
バリオス34.312014.6662.04%
飯塚 悟史511.1201011.3331.58%
阪口 皓亮35.870107.6661.07%

 

勝利数合計 46

敗北数合計 46

セーブ数合計 0

先発投手の2019シーズン総登板イニング 717回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング   497回

先発投手が投げた割合 約59

 

まさに故障さえなければ・・・の2019年

実績のある投手が、本来の能力を発揮できていたら2019シーズンは優勝、もしくはもっと際どく優勝争いをしていたでしょう。

東投手や濱口選手が万全で登板できるイニングが少なすぎました・・・。

 

しかし、これこそがプロ野球の順位に直結している事実です。

 

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

 

これはプロ野球の鉄則として言えることでしょう。

 

ファンとしては実力を知っている分、非情にもどかしい問題です。

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質です。

シーズン前の順位予想がほとんどの専門家がカスリすらしていないことが多いのは、これが原因と言えるでしょう。

 

2020は実績組は万全で挑めるのか?

実績を持った投手が万全で1年を過ごせれば、それだけで優勝のポテンシャルを持つベイスターズです。

各実績選手の現状を調べてみました。

 

今永投手

特にケガや不調、体調不良もなく過ごしているようです。

今季は15勝以上、最多勝も目標にしているということで、ますますエースとしての期待が高まります。

 

濱口投手

現状はケガの状況に問題ないようです。

ただしそもそも痛めているのは股関節。ケガが持病化し長引きやすい部位です。

本人も股関節に負担をかけないピッチングや練習を模索しているようなので、まだまだ注意が必要です。

 

井納投手

体調は万全なので安定した成績が期待できそうです。

近年は若手の突き上げもありローテーションから外れることもありますが、なんといっても実績がありますのでまだまだチームをフォローしてもらいたい立場ですね。

期待しましょう!

 

東投手

2020年2月20日に左肘内側側副靭帯再建手術を行いました。

2020年内は回復とリハビリテーションに費やす予定です。

 

上茶谷投手

現在はケガの情報もなく、ローテーション入りは確実視されています。

しかし昨年後半の不調がなんらかのケガが原因になっている気配も。元々学生時代もケガを発生させていた経緯もありますので、まずは万全に投げられる状態に戻すことを優先してほしいです。

ケガがない山崎投手に教えを乞うているようなのも少し怪しい部分があるのでしょう。

あまり期待をかけすぎるのは良くない状態のようですね。

 

石田投手

元々肘をケガしていますので、可能であれば先発として起用して欲しい投手です。

しかし2019年は中継ぎで便利使いとなり、またそれが上手くハマってしまいました。

先発としては活躍するにはチーム方針とならない限り、あり得無さそうですね。

 

 

上記のように、実績組は2020シーズンもあまり万全とは言えそうにありません。

昨年躍進した大貫、平良選手のさらなる成長や、新戦力であるルーキー坂本と伊勢、新外国人のピープルズなどに期待したいところです。

 

 

結論・2020ベイスターズのローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. 今永投手
  2. 濱口投手
  3. 上茶谷投手
  4. 大貫投手
  5. 平良投手
  6. ピープルズ投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 井納投手
  2. 坂本投手
  3. 京山投手

ケガや不調の状態なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 東投手

 

    現状だと2019シーズンよりも上がり目が少ない投手事情に感じてしまいます。

    そのあたりが解説家による2020シーズンの順位予想が2019時よりも低めになっている理由かもしれませんね。

    個人的には新戦力のピープルズ、坂本、伊勢投手ともにあまりインパクトがあるタイプには感じません。

    やはり新戦力ではなく、既存戦力の突き上げなくてはベイスターズの上位進出はないと思います。

     

    ほとんどのチームの投手陣が戦力低下する理由は

    「ケガの影響による不出場」

    「ケガの影響によるスペックダウン」

    が原因です。

     

    少し怪し気である上茶谷、濱口、石田選手などを抱えているチーム事情が非常に不安定さを感じさせます。

    順当であればAクラスは固いですが、やはりケガがどこかで発生してBクラスに落ち着きそうな気配と感じます。

    いかがでしょうか。

    ケガなどが発生しないように、あまりにも無理な行動はぜひ回避して欲しいです。

     

    2020ベイスターズ打線についても考えてみました。よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

     

     

    2020シーズン 横浜DeNAベイスターズのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    横浜DeNAベイスターズ

    2020横浜DeNAベイスターズの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。ベイスターズのOBは高木豊さんとカルロス・ポンセさんが有名ですね!(正確には大洋ホエールズですが)