阪神タイガース先発ローテ

タイガース戦を見るならDAZN!コスパ最強になりました

2020シーズンは昨年まで無かった「ヤクルトスワローズの主催試合」もDAZNで配信が開始します。

これにより、広島カープ主催試合以外はDAZNで視聴できるようになりました!

タイガースファンにとっては朗報ですね。

 

スカパー!プロ野球セット であれば広島カープ主催試合も放送予定なんですが、ちょっと月額が高いですよね。。しかしDAZNはそれの半額以下の月額。これは魅力です。

この比較はこちらの記事でおこなっています。参考にしてくださいね。

 

それではタイガースの先発投手の状態をみてみましょう。

2019シーズンは怒涛の追い込みで最後の最後でギリギリ広島カープを抜き切ってCS出場を奪い取ったタイガース。

ここ数年は弱体化を言われながらも強力な投手陣は保持しているため、常に優勝にからんだ戦い自体は続いています。

戦力としての弱点は圧倒的に打撃陣ではありますが、ここでは盤石である投手陣、とくに先発陣について2020シーズンも活躍できそうなのかを調べてみました。

 

2019阪神タイガース先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合/先発投手の投球回合計
西 勇輝262.921080172.3320.8%
青柳 晃洋253.14990143.3317.3%
髙橋 遥人193.78390109.6713.3%
ガルシア214.69680103.6712.5%
メッセンジャー144.6737079.009.5%
岩田 稔144.5234077.679.4%
秋山 拓巳104.2643050.676.1%
岩貞 祐太84.0224040.334.9%
望月 惇志84.0211031.333.8%
才木 浩人34.721015.331.9%
藤浪 晋太郎12.0800\04.330.5%

 

勝利数合計 43

敗北数合計 54

セーブ数合計 0

先発投手の2019シーズン総登板イニング 827回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング  1289回

先発投手が投げた割合 約64

 

先発投手陣の2019年からの穴は意外と大きい

投手陣が奮闘しているので好成績をキープしているタイガースですが、長年ローテの軸を務め、また多くの投球イニングを抑えてくれていたメッセンジャーが退団。

さらに先発として不安定だったとはいえ、ガルシアも100イニング程度は投げています。

ガルシアが2020シーズンは先発に戻るのか、または後半戦で謎の適正を見せたリリーフで1年を過ごすのかは、シーズン後しばらくはガルシアの調子を見ないと決定できないでしょう。

もしリリーフで過ごすようであれば、先発陣にこの2人分の穴(180イニング程)が大きく空いてしまいます。

 

さらに2020のタイガースで特徴的なのは

「ドラフトが高校生ばかり、完全に育成素材獲得の方針だった」

ということです。

これまでルーキー投手には非常に恵まれてきたタイガースだけに、即戦力ルーキーがおそらく1人も居ない2020シーズンは、まず戦力の確保からの問題が発生しています。

 

一度実績を残している投手は、体調が万全であれば再びシーズンを通して活躍できる可能性は高いです。

しかし実際になかなかそう思う通りに行かないのは、ケガおよびケガが原因の不調になってしまうこと。

 

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

 

これはプロ野球の鉄則として言えることでしょう。

 

ファンとしては実力を知っている分、非情にもどかしい問題です。

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質です。

シーズン前の順位予想がほとんどの専門家がカスリすらしていないことが多いのは、これが原因と言えるでしょう。

 

崩壊危機でもあるタイガース先発陣、2020は実績組は万全で挑めるのか?

実績を持った投手が万全で1年を過ごせれば、それだけで十分戦えるポテンシャルを持っているタイガース先発陣です。

各実績選手の現状を調べてみました。

 

秋山投手

2018年に膝を手術してから、どうも波に乗れていない印象が続く秋山投手。

2017シーズンに12勝をした実績がありますので、どうしても復帰を期待したい投手です。

しかし2020シーズンもオープン戦では調子が上がっていません。

調子が悪くても一軍戦力としては充分に活躍はできるポテンシャルがありますが、どこかしたの不調を持ち続けているような気配です。

 

岩貞投手

手術が必要なような大きなケガこそありませんが、試合に出場できなくなる程度のケガは頻繁に発生している岩貞投手。

このタイプは1年間フルに活躍をすることを期待するのは酷なのかもしれません。

ならば体調の良い時期を意識してつくり、その時期に集中して結果を残すことを考えたらどうでしょうか。

2016シーズンに2ケタ勝利を挙げているほどのポテンシャルは高いことはファンであれば知っていますので、無理に1年戦うことではなく、ベストなパフォーマンスを全力で目指すほうが良さそうです。

 

 

藤浪投手

抜け球の発生頻度がずっと問題となってしまっている藤浪投手。

球界のエースとなれるほどのポテンシャルでしたので、どうしても元の姿への復活を望んでしまいます。

しかし3シーズン以上もこの状態が続いており、期待すること自体は諦められないとしても、戦力として計算することはできません。

しかし性格は明るくユーモアに富んだ部分も多くある藤浪投手。この性格が活きるシーズンとなるかもしれません。

2020シーズン前に新型コロナウィルスに感染したことで一躍有名となってしまったので、もし2020に大復活をとげるようであれば

「お前、コロナのおかげで復活したんやないか!」

と関西のファンの気持ちを明るくできることは間違いありません。

ここで結果を出せば美味しい!と本人の気持ちにもなにか良い部分ができるかもしれませんね。

個人的に思うことは、まずは左バッターへの1ポイントリリーフ限定で結果を積ませるのが良いのではないでしょうか。

 

 

結論・2020阪神タイガースのローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. 西投手
  2. 高橋投手
  3. 青柳投手
  4. ガンゲル投手
  5. 岩田投手
  6. 岩崎投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 秋山投手
  2. 岩貞投手
  3. 望月投手

ケガや不調の状態なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 藤浪投手
  2. ガルシア投手

 

    現状だと2019シーズンよりも上がり目が少ない投手事情に感じてしまいます。

    メッセンジャーとガルシアの調子が上がって来ず、結果的に負債となってしまった2019シーズンの開幕時と同じように計算が立ちづらい状況です。

     

    ほとんどのチームの投手陣が戦力低下する理由は

    「ケガの影響による不出場」

    「ケガの影響によるスペックダウン」

    が原因です。

     

    なんらかの原因で高スペックを維持できないタイプの選手である藤浪、秋山、岩貞選手などを抱えているチーム事情が非常に不安定さを感じさせます。

    順当であればAクラスは固いと言いたいところですが、2020シーズンに向けて上記で計算されていない新戦力の登場は不可欠です。

    ソフトバンクから移籍した中田投手なども、昨年の2軍での成績は良いものでした。最後にもう一度セリーグで大復活・・・などもあるかもしれませんね。

     

    いかがでしょうか。

    ケガなどが発生しないように、あまりにも無理な行動はぜひ回避して欲しいです。

     

    2020阪神タイガースの打順についても考えてみました。よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

     

     

    2020シーズン 阪神タイガースのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    阪神タイガース

    2020阪神タイガースの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。タイガースのOBは片岡篤さんや高橋聡文さん、新庄剛志さんも有名です!