ホークス先発ローテ

2020シーズンからDAZNのコスパが大幅にアップした理由

昨年まで無かった「ヤクルトスワローズの主催試合」配信が2020シーズンから開始!

広島カープ主催試合以外はDAZNで視聴できるようになりました!

プロ野球ファンにとっては非常にうれしい状況になりました。

 

スカパー!プロ野球セット であれば、その広島カープ主催試合も放送予定ですが・・・結構、月額が高額です。

しかしDAZNはそれの半額以下。

 

これらの動画配信サービスの比較はこちらの記事でおこなっています。参考にしてくださいね。

 

 

ここ数年ずっと言われ続けたことではありますが、打撃陣の高齢化による弱体化が止まりません。

野手は投手と違い、ルーキーがいきなりレギュラーになるだとか、今までの実力が急激に開花して成績アップすることは非常に稀です。

ソフトバンクの黄金時代も今や昔。

今でも上位をキープできているのは、完全にこの投手陣のガンバリがあってのことと言える数字でしょう。

 

2020シーズンは2019シーズンと比較してどこかに上がり目があるのか?

その様子を調べてみました。

2019ソフトバンクホークス先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合/先発投手の投球回合計
千賀 滉大262.791380180.33322.2%
高橋 礼233.34126014317.6%
大竹 耕太郎173.8254010613.1%
ミランダ184.197508610.6%
武田 翔太324.555318310.2%
和田 毅123.944057.6667.1%
二保 旭83.9914038.3334.7%
東浜 巨76.3722035.3334.4%
松本 裕樹74.0111033.6664.1%
スアレス95.7404026.6663.3%
バンデンハーク33.1220017.3332.1%
中田 賢一11.930004.6660.6%

 

勝利数合計 52

敗北数合計 41

セーブ数合計 1

先発投手の2019シーズン総登板イニング 812回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング  1277回

先発投手が投げた割合 約64

 

先発陣も弱体化の流れ

ホークスの先発投手陣も万全ではなく、騙しだましな状態になってきています。

その原因はケガ、もしくはケガ持ちとなっている投手が非常に多く、その選手が持っている本来のポテンシャルを全員が揃って発揮することができなくなってしまったから。

もし各投手が万全のコンディションでシーズンを迎えられるのであれば、ホークス先発陣は今もリーグ最強クラスの先発ローテを組めています。

 

これはプロ野球の鉄則として存在する事実ですが、

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

シーズンの開幕前はどの球団のファンであっても、明らかに手術や故障をしている選手以外は、過去の最大の実績時の成績を求めてしまいがち。

多少の年齢による増減を想定する程度でしょう。

しかし、この見積もりの甘さ・緩さこそがシーズン開幕前の順位予想が誰も当たらない原因となっています。

 

ファンとしては実力を知っている分、非情にもどかしい問題です。

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

「今シーズンはコンディションが戻ってベストの成績になるのを期待できそう」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質だと思います

 

 

弱体化した野手の補強の急務が投手編成にも悪影響しはじめる

高齢化が著しく世代交代ができていない野手陣の得点力の低下は深刻です。

ホークスの強みである積極補強によりシーズン本塁打の日本記録保持者であるバレンティン選手を獲得できたのは、見事な手腕と言えるでしょう。

しかしバレンティン選手もすでに高齢であり、根本的な戦力不足の問題にはまだ数年悩まされそうです。2019ドラフトでも長年行っていなかったドラフト1位での野手の獲得となってしまいました。

ケガさえなければ実績のある投手が多いため、2020シーズンも万全な中継ぎ陣とともに2019シーズンに劣らない戦いが期待できるかもしれません。

主力となるべき各先発投手候補の現状のコンディションを調査してみました。

 

千賀投手(180.1/3イニング登板)

2019シーズンは結果的に180イニングも投げぬき、まさにホークス先発投手陣の大黒柱であった千賀投手。

万全のまま2020シーズンも迎えるかと思われましたが、思わぬ不調やケガに陥っています。

春のキャンプでは相次ぐ腕、足のハリやケガ(共に重大なケガではないようです)により、まさかの別調整となってしまいました。

幸いにしてコロナの影響で再調整できる時間は確保されたことが千賀投手にとっては運が良かった部分ですが、まだ現状のコンディションが元に戻るものなのかは不明です。

2019シーズンの成績からしても千賀投手が不調に陥った場合は、ホークス自体が一気にBクラスに落ちてしまう可能性もあります。

まずは一度、安定した投球を見せてくれることを祈りたいです。

 

高橋投手(143イニング登板)

2年目に才能が一気に開花した高橋投手。

143イニングを投げぬき、もはや次世代エースとすら期待できる存在感を持ち始めました。

しかしその地位の足場固めとなるべき2020シーズン前に、思わぬケガのアクシデントに見舞われてしまいました。

左足の炎症により、約一カ月の調整遅れ。

その後に投球は復帰できているので、この高橋投手も開幕延期に救われた1人かもしれません。

無理せずに故障しない体質を心掛けて欲しいところです。

 

武田投手(83イニング登板)

ここ数年のケガによる不調に対策するため、2019シーズンオフに手術した武田投手。

元のポテンシャルの高さは誰もが認める実績ですが、2020シーズンでは計算しづらい選手の筆頭でしょう。

これ以上のケガ続きは選手生命にも影響しそうですので、無理はせずにまずは回復に専念してもらいたい投手です。

多少でも戦力になれば儲けもの、くらいの起用方針をお願いしたいです。

 

大竹投手(106イニング登板)

大竹投手までもが2020シーズン前に肘のケガで離脱してしまいました。

発表では軽傷のようではありますが、ここまであらゆる投手が万全ではないホークスには少し不信感も感じざるを得ません。

もしくは他球団だと軽いケガを口にできない空気感なだけなのかもしれませんが・・・。

安定感が高く今やチームで一番計算ができる投手かもしれない大竹投手ですから、2020シーズンも持前のポテンシャルを発揮して欲しいです。

 

東浜投手(35.1/3イニング登板)

ケガに泣かされた投手といえば真っ先に名前が上がるのが東浜投手でしょう。

しかしいよいよの復活があるのかもしれません。上記でも述べているように千賀投手など先発候補が軒並みケガに陥る中ではありますが、工藤監督より開幕投手として指名されました。

もちろん現状のコンディションだけでなく、今年に選手生命をかける東浜選手の取り組みや意気にも応じた指名ではあるでしょう。

これだけ続くケガの不調ですからかつてのスタイルのままとはいかないかもしれませんが、もう一度輝きを取り戻して欲しいですね。

期待しましょう。

 

ムーア投手(新外国人)

メジャーで1シーズン17勝をあげた実績がありながら、昨年はケガでほぼ投げることができなかったムーア投手。

全盛時よりは球威が落ちているでしょうが、それでもオープン戦の時点で140キロ代後半のストレートを高い角度から投げ込むスタイルが日本では通用しそうな気配を見せてくれています。

キレのある変化球は空振りも奪えそうです。

ケガが多く計算しづらいホークス先発候補の中では、昨年からの上乗せ要素の筆頭となるのはこのムーア投手が最有力でしょう。

 

 

結論・ソフトバンクホークスのローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. 千賀投手
  2. 東浜投手
  3. ムーア投手
  4. 大竹投手
  5. 高橋投手
  6. 和田投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 二保投手
  2. 松本投手

ケガや不調の状態なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 武田投手

 

    過去に達成した各自の最高の記録を並べると、圧倒的な戦力差でパリーグ優勝を達成してしまいそうなメンバーです。

    しかし昨年同様、いやむしろ今年の方が現時点ではケガ人が多く発生して調整に黄色信号が点灯しています。

    幸いにして中継ぎ移行は圧倒的な戦力を誇りますので、なんとか試合を壊さない先発陣を構築したいところです。

     

     

    いかがでしょうか。

    他球団と比較すると圧倒的にケガ持ちが多いのが気になりますが、戦力低下を2020シーズンでは食い止めなければなりません。

    マリーンズ、イーグルスは着実に戦力アップしており、現有戦力でどう戦うのか、いよいよ工藤監督の手腕が問われる2020シーズンになると感じます。

     

    ホークス打撃陣の2020シーズン前の私の分析はこちらです。よかったらぜひ読んでくださいね!

     

     

    2020シーズン ソフトバンクホークスのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    福岡ソフトバンクホークス

    2020ソフトバンクホークスの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。パリーグの戦力分析、順位予想も多く行われています。