西武ライオンズ先発ローテ

2020シーズンはDAZNが大幅パワーアップしています

DAZNでは「ヤクルトスワローズの主催試合」も配信がいよいよ今年から開始します。

広島主催の試合以外はDAZNで視聴できるようになったのです。

 

試合数だけで言えば、スカパー!プロ野球セット が全試合配信なので最高なのですが・・・月額が高額ですね。

しかしDAZNはなんとその半額以下。

各配信サービスの比較はこちらの記事でおこなっています。参考にしてくださいね。

 

圧倒的な攻撃力によりパリーグ王者に君臨する西武ライオンズ。

球史にも残るほどの打撃タイプのチームだけに、派手好きなファンからすれば毎試合がエンターテインメントとして最高の試合を見せてくれるのが現在のライオンズのカラーです。

しかし、球場の特性なのでしょうか、ここ数年ずっと投手陣は微妙な成績を続けています。

もしも投手陣もさらに強化ができるのであれば、圧倒的な戦力となりまさに黄金時代が到来するといえるでしょう。

投手陣、特に先発ローテーションに上がり目はあるのでしょうか?

 

このあたり、2020シーズンではどうなるのかを検討しました。

 

2019埼玉西武ライオンズ先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合
今井 達也234.32790135.319.6%
髙橋 光成214.511060123.617.9%
ニール172.871210100.314.5%
本田 圭佑164.6366091.313.2%
松本 航164.5474085.312.4%
榎田 大樹136.524306910.0%
多和田 真三郎125.8316066.39.6%
郭 俊麟24.5110101.4%
相内 誠211.570109.31.4%

 

勝利数合計 50

敗北数合計 41

セーブ数合計 0

先発投手の2019シーズン総登板イニング 690回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング   1278

先発投手が投げた割合 約54

 

もっとイニングを投げる必要がある!先発陣の奮起が必要

ニールのおかげで勝敗こそ大きく勝ち越している先発陣の成績ですが、大問題点が。

明らかに登板イニングが足りていません。

全投球イニングに対して先発陣が投げるイニングの割合は他球団だと60~65%程度なのですが、ライオンズだとこれがわずか54%程度。

他球団よりも先発陣が毎試合1イニング程早く降板してしまっている計算となります。

 

ニール以外は軒並み防御率が4点台なのも問題ですが、なんとしても各投手があと1イニング余計に投げる意気込みが必要です。

それが達成できればリリーフ陣の負担も減り、結果的にチームのコンディションも良くなるでしょう。

 

 

 

2020シーズンに向けてケガや体調不良は?

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質です。

シーズン前の順位予想がほとんどの専門家がカスリすらしていないことが多いのは、これが原因と言えます。

 

ライオンズに関してはまず、多和田投手が自律神経失調症の治療であることが発表されています。

症状も様々なので難しいですが、一年間の登板を計算はできません。

 

ただ幸いにして他の投手に目立ったケガは出ていないようです。

新戦力としてはドラフトの1~3位を全員、即戦力投手で固めました。

宮川、浜屋、松岡投手とも1軍で通用するだけのポテンシャルがある上に、まだまだ伸びしろもありそうです。

メンバーが手薄なライオンズだけに、この3人のうちの誰かが新人王を獲得できる可能性も高そうです。

 

そして球界全体から注目されている松坂選手のライオンズ復帰。

2019シーズンはケガのために登板できませんでしたが、2018シーズンでは中日ドラゴンズ内で2番目の勝ち頭という実績も残しました。

もちろんすでにストレートには全盛時のイメージは残っていませんが、スライダーに関してはまだまだウィニングショットとしての力が溢れています。

上手くリードさえできれば、現在のライオンズの先発ローテのスタッフの中に切り込んでいくだけの力はまだあるでしょう!

 

 

結論・2020埼玉西武ライオンズの先発ローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. ニール投手
  2. 今井投手
  3. 高橋光投手
  4. 松本投手
  5. 本田投手
  6. 榎田投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 十亀投手
  2. ノリン投手
  3. 松坂投手

ケガや不調も危険なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 多和田投手
  2. 内海投手

 

ニール投手が2年続けて勝ち星を稼ぐようであれば、引き続き優勝候補となるでしょう。

しかしそれに続く結果が出せる投手がいません。

なんとかせめて1人、大きく勝ち越せてイニングを消化できる先発投手の登場を期待したい台所事情です。

     

    ほとんどのチームの投手陣が戦力低下する理由は

    「ケガの影響による不出場」

    「ケガの影響によるスペックダウン」

    2019シーズンより戦力の上乗せは即戦力ルーキー3人による所が大きな比重を持つでしょう。

    現有戦力も少しでも登板イニングを伸ばせるように工夫していきたいところです。

     

     

    2020埼玉西武ライオンズ打線の打順についても考えてみました。よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

     

     

    2020シーズン 埼玉西武ライオンズのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    埼玉西武ライオンズ

    2020埼玉西武ライオンズの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。西武ライオンズのOBは金村義明さん、田尾安志さんがYouTuberになっていますね!