楽天イーグルス先発ローテーション

DAZNのサービスが大幅アップ!2020シーズンは満足度アップ

DAZNの進化が大幅アップ。

2020シーズンから「ヤクルトスワローズの主催試合」も配信がいよいよ開始となっています。

これで広島カープ主催試合以外の全試合が、DAZNで視聴できるようになりました!

プロ野球ファンにとっては非常にうれしい状況になりましたね!

 

スカパー!プロ野球セット であれば、広島カープ主催試合も放送予定なのですが、月額がちょっと高額・・・。

でも、DAZNはそれの半額以下の月額なのが魅力です。

イーグルスの試合中継についての比較もこちらの記事でおこなっています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

2019年は完全に先発陣が倒壊していたスワローズ。

狭く、フェンスも低いためにホームランが出やすい神宮球場をホームとしているので、どうしても投手の数字が悪く見えてしまうのは仕方ありません。

とは言え、先発タイプの投手の合計の成績は38勝58敗。

明らかに先発投手が低迷の原因になっていたと言えるでしょう。

 

このあたり、2020シーズンではどうなるのかを検討しました。

 

2019東北楽天ゴールデンイーグルス先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合
美馬 学254.01850143.6618.2%
石橋 良太283.82870127.3316.2%
辛島 航274.14960117.3314.9%
岸 孝之153.5635093.6611.9%
則本 昂大122.78550688.6%
塩見 貴洋93.1631051.336.5%
弓削 隼人83.7433043.335.5%
菅原 秀94.0813035.334.5%
福井 優也85.18310334.2%
安樂 智大94.7302032.334.1%
釜田 佳直55.411021.662.7%
近藤 弘樹28.680209.331.2%
藤平 尚真310.380108.661.1%
熊原 健人15.40003.330.4%

 

勝利数合計 44

敗北数合計 42

セーブ数合計 0

先発投手の2019シーズン総登板イニング 788回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング   1253

先発投手が投げた割合 約63

 

美馬の穴が余りにも大きすぎる

2019楽天イーグルス先発ローテ陣の投げ頭であった美馬投手の穴が上記の表を見ても解るとおり、大きく空いてしまいました。

もちろん2019シーズン開幕前にはWエースとして計算していた岸、則本の両投手が揃って戦線を離脱してしまったアクシデントもありました。

両投手ともに実績のある投手ですし、今でもコンディションに問題が無い時に投げているボールは一級品なことは間違いはありません。

しかし、実際に2020シーズンの戦いを計算すると考えた場合、ケガを経過した選手が1年間最高のポテンシャルで過ごせることを考えてはいけません。

それにより無理をさせる場合も出てしまいますし、そもそも一度ケガをして長期出場できなかった選手がそのまま元のポテンシャルで戦線復帰することは少ないからです。

一度故障をすると、多くの選手の場合はその後も故障がちになることは過去の記憶のうえでほぼ間違いないと言えるでしょう。

 

そのように考えると、現時点で万全のコンディションで2020シーズンに挑めてかつある程度の実績がある投手と考えると、

石橋投手(127イニング)

辛島投手(117イニング)

くらいしか計算できないことになります。

 

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質です。

シーズン前の順位予想がほとんどの専門家がカスリすらしていないことが多いのは、これが原因と言えるでしょう。

 

2020も結果を期待できる先発投手は揃っているが・・・

とはいえ、実績があり、ケガやそれによる不調さえ無ければ戦力として期待できる先発候補の投手が揃っているのが楽天イーグルスです。

「先発ローテのポテンシャルはリーグ最高レベルだが、ケガによる安定感がかなり低い」

というのが現在のイーグルスの先発ローテーションの構想の現実でしょう。

 

そんなことから、各候補の現状の様子・コンディションを調べてみました。

 

岸投手

これまでの野球人生において、勝ち運が少し低いように感じますがずっと安定した投球が持ち味だった岸投手。

2019シーズンはかなり悪いコンディションで1年を終えてしましました。投球回数が100イニングに到達しなかったのはプロ入りで初の事態でした。

復帰を期待したい岸投手ですが、2020シーズンの春先も引き続きコンディションが良いとは言えない状態になっているようです。

肘や肩の故障など明確な原因が表に発表されることもありませんが、これだけコンディション不良が続くとなると、なんらかの故障を隠しながら騙しだまし続けている方針な可能性もあります。

何事もなかったようにまた1年間投げている姿は想像しやすいですが、さすがに35歳となっている現在でのコンディション不良は計算がしづらい状況と言えるでしょう。

ベストな体調で100イニング程度を投げてくれることを目指す方が結果が良いかもしれません。

 

則本投手

2019に手術を行いましたが、痛みを軽減する軽めなクリーニング手術でした。

なので後半での復帰後も元の球威に戻り、さらに2020のオープン戦でも期待を寄せるには十分のボールを投げていることが確認できました。

復帰は間違いなさそうですが、手術をしたことも事実。現時点でもケガの要因は残っています。

則本投手の復活が無ければ楽天イーグルスの優勝はないとまで言えると思います。万全であることを祈るしかありませんね。

 

松井投手

2020シーズンでは先発での起用がすでに構想として発表されている松井投手。

勤続疲労は気になる部分ですが、これまで大きなケガや不調も報道されていません。

球数が多くなってしまうのが先発としては気になってしまうタイプではありますが、次第に学習していく能力はあると考えます。

名前だけでいえば則本・岸・松井の3本柱はこれだけで楽天イーグルスの黄金期を感じさせてくれるほど豪華な並びです。

まだ3人とも不安定要素を含んでる状態ですが、楽天イーグルスファンだけでなく、プロ野球ファン全体からもこのタレント揃い度は注目されています。期待しましょう!

 

涌井投手

名前のタレント性でいえば、この涌井投手も上記の3人に負けていないでしょう。

球歴は長いですが、まだまだ33歳です。しかも昨年も100イニング以上に登板し、リーグ最多である2完投を記録。

広い球場が活躍の場となることで、もしかすると再びエースの位置へ戻る可能性も高いです。

2020シーズンに向けてもケガなどもなく順調な様子。

美馬投手の穴を埋めるには適任です。

 

 

結論・2020楽天イーグルスの先発ローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. 則本投手
  2. 岸投手
  3. 松井投手
  4. 石橋投手
  5. 辛島投手
  6. 涌井投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 塩見投手
  2. 弓削投手
  3. 福井投手

ケガや不調の状態なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 安楽投手
  2. 菅原投手
  3. 釜田投手

 

    甲子園ヒーローが並ぶ、まさにミーハーにはたまらない先発陣です。

    怪我さえなければ優勝候補ですし、逆に言うと怪我との戦いも2020シーズンは非常に大事です。

     

    ほとんどのチームの投手陣が戦力低下する理由は

    「ケガの影響による不出場」

    「ケガの影響によるスペックダウン」

    三木新監督の管理手腕に期待したいですね。

     

     

    2020楽天イーグルス打線の打順についても考えてみました。よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

     

     

    2020シーズン 東北楽天ゴールデンイーグルスのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    東北楽天ゴールデンイーグルス

    2020東北楽天ゴールデンイーグルスの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。楽天イーグルスのOBは一場さん、中村紀洋さん、向谷拓巳さん、さらには初代監督の田尾安志さんもYouTuberになっていますね!