マリーンズ先発ローテ

2020シーズンはDAZNのサービスが大幅アップしました!

DAZNの進化が留まることをしりません。

2020シーズンから「ヤクルトスワローズの主催試合」も配信がいよいよ開始。

これでプロ野球は広島カープ主催試合以外の全試合がDAZNで視聴できるようになりました!

プロ野球ファンにとっては非常にうれしい状況になりましたね!

 

スカパー!プロ野球セット であれば、広島カープ主催試合も放送予定です。

DAZNはそれの半額以下の月額なのが魅力です。

 

マリーンズの試合中継についての比較もこちらの記事でおこなっています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

2020シーズンに向けて積極的に戦力補強を行ったマリーンズ。

FAとして鈴木大地選手が楽天に移籍してしまいましたが、それでも圧倒的に補強のほうが強烈に行えている印象です。

2019シーズンは4位とBクラスでしたが、ファンからすると2020シーズンは上向きの要素ばかりという気持ちになっていると思います。

特に先発投手の充実もあります。

 

このあたり、2020シーズンではどうなるのかを検討しました。

 

2019千葉ロッテマリーンズ先発陣の投球内訳

2019の投手陣の選手の各成績が下記です。

登板試合数防御率勝利敗北セーブ投球回投球割合
二木 康太224.417100128.616.4%
石川 歩273.64850118.615.1%
種市 篤暉263.24820116.614.9%
涌井 秀章184.537010413.2%
ボルシンガー204.6346010313.1%
岩下 大輝213.6453096.312.3%
小島 和哉104.3135054.36.9%
佐々木 千隼72.53210324.1%
土肥 星也63.1310031.64.0%
有吉 優樹213.50207.30.9%


勝利数合計 41

敗北数合計 41

セーブ数合計 0

先発投手の2019シーズン総登板イニング 785回(先発が多い投手の登板合計イニングです。なので詳細は誤差があります)

全投手の2019シーズン総登板イニング   1273

先発投手が投げた割合 約62

 

2019はエース級の成績の投手が不在だったが、2番手の役割の投手は揃っていた

先発として6人(二木、石川、種市、涌井、ボルシンガー、岩下)がおおよそ20試合登板しており、ハッキリと先発投手を固定して戦えたことがデータからも解るマリーンズ。

エースと呼べるほどの圧倒的な成績を残す選手は出現しませんでしたが、先発ローテーションがケガや不調なく安定していた事実としては12球団一だったと言えるでしょう。

その中から涌井投手、ボルシンガー投手が抜けてしまいましたが、共に4点台後半の防御率だったこともあり、再建の目途は立てることが可能な状況です。

2020シーズンに向けても実績を出した二木、石川、種市、岩下の4選手は順調に調整しており、相変わらず不確定要素が少なく12球団一、計算できる投手陣と言えます。

 

ケガがちの選手 = ベストの能力が1年間発揮できることを期待してはいけない

「ケガさえなければ」

「運が悪かった」

で済ませてはいけない、根本的な問題であり、ペナントを左右してしまう本質です。

シーズン前の順位予想がほとんどの専門家がカスリすらしていないことが多いのは、これが原因と言えますから、現在のマリーンズの投手陣の安定感は頼もしいですね。

 

空いたローテーションの穴2つを埋める候補と、エース級の成績を出しそうな投手は?

安定感は抜群な先発ローテーションですが、エースが不在ゆえに貯金ができず、それが2019シーズンの4位という成績につながっています。

しかしエースとして貯金ができる投手が誕生した場合、この安定感のある投手陣はローテーションを盤石にし、一気に良い方向に回転していくと思われます。

涌井、ボルシンガーの穴を埋める投手の候補と、エースとして貯金ができる可能性がある候補を検討してみます。

 

種市投手

2019シーズンでは大物エースとなる片鱗、素質を感じさせてくれたのが種市投手です。

150キロを超えるストレートと、三振が取れる変化球のコンビネーションが持ち味なため、ファンとしても見栄えが非常に良い投手です。

順当にいけばこの種市選手がエース候補の筆頭ですが、このタイプが怖いのは何よりケガによる球速ダウンでしょう。

現在のところ順当のようです。

大きく羽ばたく姿を見てみたいですね。

 

美馬投手

楽天からFA移籍した美馬投手。マリーンズにとって非常に心強い戦力が補強されました。

年齢もまだ33歳。エースというタイプではないですが、ローテーションをしっかりと守ってくれる実績は充分です。

涌井、ボルシンガーの穴の一つは間違いなく埋めてくれそうです。

 

小島投手

2019シーズンはルーキーイヤーでしたが、一軍でも十分に通用できることを見せてくれました。

1年目の勝利を自信として、2年目となる2020シーズンにさらに安定感が増すことが期待できます。

チームとして期待したい左腕の先発候補。優先的に育成も兼ねて起用されそうです。

小島投手の投球イニングが倍増すれば、先発の穴は充分に埋まります。

 

佐々木朗投手

これだけ安定している一軍先発陣がゆえかもしれませんが、1年目は無理せずに育成する方針でもあることが伝えられています。

しかしもし2軍で圧倒的な成績を残した場合は、無理をさせない程度には1軍でも登板機会が回ってくるハズ。

ローテの穴を埋める投手としての期待はできませんが、2021シーズンに向けてはエースの座を期待できるような投球を見せて欲しいですね。

 

 

 

結論・2020千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション予想

ローテーションは以下のように進むと考えます。

過密スケジュールが予想されるため、6人ローテーションで想定してみました。

ケガを考慮しない時(開幕時)のベスト

  1. 種市投手
  2. 美馬投手
  3. 二木投手
  4. 石川投手
  5. 岩下投手
  6. 小島投手

上記6人のケガ、不調時の入れ替えメンバー

  1. 西野投手
  2. 佐々木千投手

ケガや不調も危険なので、体調万全のアピール後に配置したい投手

  1. 佐々木朗投手
  2. 土肥投手
  3. 有吉投手

 

ケガやケガからの復帰で未知数な計算をしなければならないチームが多い中、千葉ロッテマリーンズは非常に安定しています。

     

    ほとんどのチームの投手陣が戦力低下する理由は

    「ケガの影響による不出場」

    「ケガの影響によるスペックダウン」

    2019シーズンより戦力の上乗せが期待できますので、少なくともAクラスの実力は充分に持っています。

     

     

    2020千葉ロッテマリーンズ打線の打順についても考えてみました。よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

     

     

    2020シーズン 千葉ロッテマリーンズのネット中継はどこがお得!?

    2020年用にこちらも調べました!

    千葉ロッテマリーンズ

    2020千葉ロッテマリーンズの試合中継をライブで!おすすめはDAZN?スカパー?無料ルールも徹底比較!!

     

     

     

     

     

    よろしくお願いいたします。

     

     

    こちらの記事もよろしくお願いいたします。千葉ロッテマリーンズのOBは里崎さん、清水直行さんなどがYouTuberになっていますね!